So-net無料ブログ作成
検索選択

二日酔いでセロトニンが減る!? [セロトニン]

忘年会や新年会シーズンが終わったといえ今度は新人歓迎の飲み会と肝臓は休む暇もないですよね。

百薬の長といわれ、飲みすぎなければある程度は健康にもいいと言われているお酒ですが、お酒を飲みすぎるとセロトニンも減ってしまうようです。

セロトニンは神経伝達物質なのでセロトニンを作り出すには作るための物質が必要になります。

そして、セロトニンを作る材料となるのが以下のものでこれらを合成することでセロトニンは作られるのです。

・トリプトファン
・ナイアシン
ビタミンB6
マグネシウム

アルコールの摂取でセロトニンの材料が不足する

お酒を飲むと肝臓でナイアシンが使われるので、セロトニンの材料となるナイアシンが減ってしまいます。材料が少なくなるので合成されるセロトニンも減ってしまうということです。

やっぱりなにごとも飲みすぎ、やりすぎはよくないですね。

私はいつも飲みすぎると、水を飲むようにしています。これが二日酔いにはいいんじゃないかなーと勝手に思っていたわけですが、以下のサイトにも最強は水だと書いてありました。

二日酔いを治す!効果のある予防と対策方法まとめ

やっぱりお酒は水で治すのが一番いいんですね。


タグ:セロトニン
トラックバック(0) 

セロトニンでプレッシャーに打ち勝つ! [セロトニン]

仕事や育児などのストレスやプレッシャーから思うように感情をコントロールできなくて悩んでしまう女性も少なくありません。

現在は女性だって社会に出れば男性と同じ能力を求められる時代。たとえ能力があったとしても体力的な問題などで男性と肩を並べて仕事をするのはとても大変です。そんなときに大きな味方になってくれるのがセロトニンなのです。

セロトニンの効果



セロトニンは私たちの脳に存在する情報伝達物質の一つです。気持ちを落ち着かせストレスや不安定になりがちな精神を落ち着かせる作用をしています。

また睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンを合成するのもセロトニンの作用によるものです。セロトニンが脳で充分に作られると気持ちは常に安定していて気持ちは前向きでいられます。逆に不足をしてしまうと情緒不安定やうつ病などを引き起こしやすくなります。

このため仕事のプレッシャーやストレスに勝つためには、セロトニンをつねに分泌させることはとても大切なのです。ところが、不規則な生活や食生活の乱れ、運動不足などで簡単にセロトニンは作られにくくなってしまいます。

現代はセロトニン欠乏症といわれる疾患も存在しているくらいセロトニンが不足をしている方が非常に多い状況です。

セロトニンを増やすサプリメント



セロトニンは自らの努力でも増やすことは可能です。さきに少し説明した通り、不規則な生活や食生活の乱れ、運動不足などでセロトニンは作られにくくなります。

逆を考えればセロトニンを増やすには、適度な運動、規則正しい生活とバランスのとれた食事を心がければ良いのです。セロトニンが脳内で作られるのは日中です。

また太陽の光を浴びることによって脳が刺激を受けセロトニンの分泌につながるので、太陽の光を毎日浴びることも効果があります。そして、セロトニンをつくる原料となるのがトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸です。

このアミノ酸は肉や魚、大豆や乳製品などに多く含まれるのでこれらの食品を積極的に摂ることも大いに有効です。最近ではトリプトファンの含有量を多くしているプロテインやサプリメントなども出ているので、そうしたもので補うのもおすすめです。


トラックバック(0) 

女性の体とセロトニンの関係は [セロトニン]

女性特有の生理の悩みにはいろいろなものがあります。特に生理前のイライラや体調不良などは多くの方が経験をしているのではないでしょうか?

生理前に生じるこれらの不調には、セロトニンが大きく関係しています。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる情報伝達物質の一つで、精神を安定させストレスを軽減したり、イライラとする気持ちを抑えたりする作用があります。

このためセロトニンが充分に備わっている状態では常に心がおだやかですが、不足をしてしまうことでイライラやや集中力低下、倦怠感などが生じてしまうのです。

続きを読む


睡眠にかかわるセロトニンとメラトニンの関係 [セロトニン]

現代人の実情として5人に1人の割合で睡眠になんらかの問題を抱えていると言われています。

質の良い眠りは、体の健康だけではなく精神の健康にも関係します。毎日快適な眠りを保つことは心と体の健康にとても重要なのです。

続きを読む


タグ:セロトニン

ダイエットにも有効なセロトニン [セロトニン]

セロトニンダイエットとは



セロトニンは精神の安定のほかに、ダイエット効果も期待できると最近話題になっています。ダイエットの大敵、過食はストレスによるものがほとんどです。

ストレスを感じると脳内でドーパミンが過剰に分泌をします。ドーパミンは快楽や欲求を司るホルモンで過剰に分泌をすることで、食欲や性欲などの抑制が効かなくなるのです。

これにより過食になるわけですが、実は、このドーパミンの過剰分泌を抑制するのがセロトニンなのです。つまり、普段からセロトニンが充分に備わっていると過食の原因ドーパミン分泌が抑制されるので、食べ過ぎを防げるということになります。

続きを読む


トラックバック(0) 

セロトニンを増やす方法は [セロトニン]

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる脳内伝達物質で、気持ちを穏やかにさせストレスなどを軽減する作用があります。

セロトニンがしっかりと分泌をされていれば、気分は安定し、仕事や家事などの意欲も高まりますが、逆に不足をすると不眠症やうつ病などの原因にもなってしまいます。

最近ではセロトニン不足の現代人が多いことが社会的にも問題となっていて、うつ病患者の増加などもこれに関係していると言われています。

セロトニンは脳内で分泌をしますが、不規則な生活やストレスなどが原因で不足をしてしまいます。ですから、日頃からセロトニンを増やす生活を心がけることが大切です。

続きを読む


タグ:セロトニン

セロトニンとは [セロトニンの基本情報] [セロトニン]

セロトニンは脳内に存在する情報伝達物質です。私たちの体はさまざまな伝達物質によって動かされていますが、特にセロトニンはノルアドレナリンなどとともに脳を司る三大伝達物質として重要な役割を果たしています。

セロトニンの役割は、ドーパミン(喜びや快楽のホルモン)やノルアドレナリン(興奮を促すホルモン)の過剰分泌の抑制や調整などです。これにより、精神の安定が保たれています。

続きを読む>>


タグ:セロトニン
トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。